外国人技能実習生のクライソン協同組合

外国人技能実習制度でのベトナム人や中国人、フィリピン人やネパール人などの受け入れに絶対の自信があります。

外国人技能実習生
  1. 開発途上国へ技術・技能移転を図り、経済発展を担う人材の育成に支援出来ます。
  2. 外国企業との関係強化、経営の国際化、社内の活性化、生産の貢献に期待が持てます。
  3. 外国人技能実習生は素直で真面目、若く物覚えも早いことが特徴です。

※日本人との同等報酬等、技能実習生に対する適切な待遇の確保をしなければなりません。
※外国人技能実習生は労働関係法令上の「労働者」となり、最低賃金の適用対象となります。
⇒地域別最低賃金の全国一覧
※業種により別途業種別最低賃金が適用される場合があります。

外国人技能実習制度とは?

日本の企業がベトナムや中国など開発途上国の若者を受け入れ先進国の進んだ技能・技術・知識を体得する制度の総称です。
技能実習制度は、開発途上地域等への技能等の移転を図り、その経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的とする制度として、我が国の国際貢献において重要な役割を果たしています。
一般的に受入れ可能職種に該当する企業様は、弊組合のような監理団体を通じて技能実習生を受け入れる事が出来ます。
入国した技能実習生は、受け入れ企業様と雇用関係を結び、実践的な能力を高めるために最長5年間の技能実習に入ります。
※平成29年11月1日に外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護を図るための技能実習法が施行されました。
外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律

実習風景

クライソン協同組合のインフォメーション

一般管理団体許可証
「一般監理団体の許可を受けました」
↑このページの一番上へ